2021年、葬儀保険に加入することがなぜ大切なのか.

スポンサー付きコンテンツ

今日、予期せぬ事態に備えることは何よりも重要です。しかし、最悪なシナリオに備えておくことで、あなたが死ぬ時に大切な人たちが本当に助けられることになります。今すぐオンラインで検索して、葬儀保険の契約の準備を始めましょう。


なぜなら、どのようにいったとしても、死ぬのは安くはありません。葬儀場、墓石、火葬、葬式、そしてその他色々なものが積み重なります。家族のメンバーに経済的な苦しみと葬儀の準備の負担を残すことになります。葬儀保険はこれらのコストの助けになりますので、手遅れになる前にオンラインで検索して、お手頃な契約を見つけましょう。

契約自体はもちろん、あなたにお金がかかりますが、葬儀保険があなたの大切な人の50万~200万円を節約してくれると思えば、検討しないのはおかしいくらいです。葬儀だけで100万円はかかることがあるのですから!

正しい葬儀保険を見つけるのがこんなに簡単だと知らなかっただけで、せっかくのチャンスを逃す人にならないでください。

よくいただくご質問

葬儀保険とは具体的には何のことですか?

葬儀保険はしばしば「終身」保障契約と呼ばれ、大抵50万~250万円に及ぶ死亡給付付きの保険です。最終的には、葬儀保険の主な目的とは、家族のお財布を痛めずに人生の終わりにかかる費用を負担してくれることです。しかし重要なことは、葬儀保険が棺桶や墓石などの費用を負担するものとして知られる用語である一方、葬儀以外のコストも負担できる契約なので、少し紛らわしくなることがあるのです。

私にも加入資格がありますか?

葬儀保険の契約には、末期的な病気でないことや余命数ヶ月でないことを確認する簡単な質問事項には答えなければなりませんが、健康診断は必要ありません。これは、ほとんどの人に加入資格があることを意味します。

生命保険に加入している場合でも必要ですか?

これはよくある質問です。短い回答は、「はい」です。多くの人は、家族の生命保険のプランに葬儀と葬儀まわりのコストを念頭には置いていません。ですので、死亡保険の受取人に葬儀費用を自己負担してほしくないと考えている方なら、葬儀保険はベストな選択肢であるといえます。

いくらぐらいしますか?

掛け金は週払いまたは月払いにできます。掛け金は契約人から直接引き落としまたは給与天引きができます。掛け金はたいてい非常に少額で、週に200~300円程度です。死亡給付は被保険者の現在の年齢と掛け金を加味して最大が保障されます。

誰が保険金を受け取るのですか?

よくある思い違いは、斎場や債権者がこのお金を受け取るのではないかということ。それは間違いです。葬儀保険の契約書に受取人として書かれた人がこのお金を受け取ります。これは通常家族のメンバーまたは「被保険利益」のある人です。

保険会社は合理的な被保険利益でない人の名前が書かれていると心配します。ですので、契約が有効になって一年くらいしたら、あなたの望む人に受取人を変えることができます。契約が施行されれば受取人は完全にあなたのチョイスで変えられます。

ベストな契約を見つけるにはどうしたらいいですか?

あなたにとって完璧な葬儀保険契約を探すのは気力がいることにみえるかもしれません。何千人もの日本人が受取金額にそれだけの価値がないと思ったり、支払いに余裕がないと感じて、結局契約を結ばないままで終わってしまいます。

今日では、魅力的なプランのある葬儀保険の提供会社は数多く存在しますが、時間をかけて適切な会社を選ぶべきです。家族に最大限のお金を残してあげるだけではなく、その過程でお金をかけすぎないようにしたいものです。このバランスは難しいもので、検索してもお住まいのエリアでベストな選択肢が出てこないことも多いです。

まずは、あなたの葬儀にどれくらいのお金が必要か、どんな生命保険を持っているか、そして毎週または毎月いくら払いたいかを決める必要があります。今日から検索を始め、比較検討してみましょう。

これはどんなことにも言えることですが、最新のリサーチを知っておくことはいつでも役に立ちます。最終決定をする前に、少なくとも3、4つの選択肢を比較してみることをおすすめします。オンライン検索が通常最速で、あなたが知っておくべき利点と欠点を発見するための最も徹底的な方法といえるでしょう。